ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

栽培・製造・直売店
株式会社 宮原茶園


(営業時間:8:30~17:30)




ちらん茶師伝
蒸し製玉緑茶
趣(おもむき)
2,160円
…………………
高級煎茶

大樹(だいじゅ)
1,620円
息吹(いぶき)
1,080円
…………………
煎茶

薫風(くんぷう)
864円
…………………
くき茶と煎茶

報恩(ほうおん)
648円
はるおのお茶を販売いたします!
どうぞ新茶をご堪能下さいませ。

薫風の在庫が無くなりましたのでご連絡いたします、ありがとうございました。
この度、平成26年5月に残留農薬試験 250成分を検査し、
鹿児島県薬剤師会より『農薬 検出なし』との報告を頂きました。

残留農薬試験検査報告書


▼ エコファーマーとは

平成11年7月に制定された「持続性の高い農業生産方式の導入の促進に関する法律(持続農業法)」第4条に基づき、「持続性の高い農業生産方式の導入に関する計画」を都道府県知事に提出して、当該導入計画が適当である旨の認定を受けた農業者(認定農業者)の愛称名で、平成12年8月の「全国環境保全型農業推進会議(会長:熊沢喜久雄東京大学名誉教授)」に寄せられた応募の中から選ばれたものです。

▼ 知覧茶の始まり

知覧茶の起源は平家の落人が、北部山間地の手蓑に茶栽培を始めた古い言い伝えがあります。本格的な栽培は明治元年邑主島津氏の軍役地杉の美林を伐採、村人に払い下げ、同5年山野を関懇。茶の実を付種させたのが始まりです。

▼ お茶畑

後岳地区茶生産団地にあります。後岳地区は町の北部に位地し、標高564mを頂点に連なる山岳の標高200m~500mの山麓に拓けた山間に冷涼な上級茶の生産地です。茶の栽培は明治の初期に始まり昭和20年代まで林業と組合わせた茶業経営でしたが、30年代になって生産拡大が始まり40年代には茶専業経営を目指し農業構造改善事業や農地開発事業に取組み経営規模拡大、優良品種への転換を図り委託加工方式による上級茶の生産に努めています。更に茶品評会において農林水産大臣賞・産地賞をはじめ献上茶をつくるなど全国に名声を博している地区でもあります。